×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

仮面ライダー響鬼(ヒビキ)とは

平成17年1月から平成18年1月までテレビ朝日系列で放映された、「平成仮面ライダーシリーズ」第6作となる東映製作の特撮テレビドラマです。原作は石ノ森章太郎。全国各地に出現する人間を襲う妖怪(魔化魍)と戦い、人間達を守る正義の鬼、主人公・響鬼(ヒビキ)の戦いの日々と、偶然響鬼の出会いで自分を見つめなおす少年・明日夢の姿を描いたジュブナイル路線のドラマ。 仮面ライダー響鬼(ヒビキ)に変身する能力を持つ正義の青年・ヒビキは特種な修行によって肉体を変化させる修行を身に付けた。そして、変身音叉“音角”から出る特殊な音波をきっかけにして、自らの肉体を変化させた戦闘形態、仮面ライダー響鬼(ヒビキ)の姿になり、人間を魔化魍の驚異から守る。
高校受験を控えた安達明日夢が、母の実家の法事で屋久島に向かう船上で、不思議な青年・ヒビキと出会う。彼はその姿を鬼に変え、魔化魍と呼ばれる妖怪たちと闘う組織“猛士”の一員である。仮面ライダー響鬼に変身し、清めの音で魔化網を退治するヒビキと、その仲間たちとの交流の中から、明日夢は大切な何かを学んでいく。

スタッフ

■原作:石ノ森章太郎
■脚本:きだつよし、大石真司、井上敏樹、米村正二
■監督:石田秀範、諸田敏、坂本太郎、金田治、高丸雅隆他
キャスト
■ヒビキ/仮面ライダー響鬼:細川茂樹 ・・・本名は日高 仁志。妖怪退治組織「猛士」に所属する関東最強の「鬼」
■安達明日夢:栩原楽人 ・・・偶然響鬼に出会い、「鬼」の存在を知ったことをきっかけに彼に心酔するようになる少年。
■イブキ/仮面ライダー威吹鬼:渋江譲二 ・・・「猛士」関東支部所属の鬼。
■トドロキ/仮面ライダー轟鬼:川口真五 ・・・「猛士」関東支部所属の鬼。
■ザンキ/仮面ライダー斬鬼:松田賢二
■立花香須実:蒲生麻由 ■立花日菜佳:神戸みゆき ■持田ひとみ:森絵梨佳
■天美あきら:秋山奈々 ■滝澤みどり:梅宮万紗子 ■安達郁子:水木薫
■立花勢地郎:下條アトム

仮面ライダー響鬼・劇場版

こちらも人気だった『仮面ライダー響鬼』の劇場用オリジナル映画作品『劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼』 劇場版はこれまでの仮面ライダー一族の原点を、戦国時代を舞台に描いています。群がる忍者の敵を打ち倒し“馬上で荒々しく闘う”ライダーの男たち。鬼と呼ばれる仮面ライダーたちが、魔化魍に支配された国の人々を救うため戦い続ける、大アクション活劇。
変身し敵を倒す能力を受け継いだ現在の仮面ライダー達の、先祖にあたる仮面ライダー達の物語。
現代の日本の海岸で巨大魔化魍・オロチが出現し、ヒビキと明日夢が駆けつけ戦うが、オロチに敗れ昏睡状態になる。明日夢はヒビキを救う手がかりを猛士の古文書のオロチの記述からさぐると、そこには自分と同じ「明日夢」という名が載っていた。 古文書に書かれていたのは戦国時代のとある村。そこにはオロチが毎年生贄を要求していた。生贄にひとえが選ばれ、明日夢はなんとかしようと立花藤兵衛に相談、鬼に救ってもらおうと言う案の元、明日夢達は鬼探しに行く。

Copyright © 2008 仮面ライダー響鬼!