×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「ドラえもん」の実写版

「ドラえもん」は藤子・F・不二雄が執筆したテレビ朝日系列で30年以上放送されている子ども達にも大人気テレビアニメ作品。何をしても駄目な小学生、野比のび太と、22世紀から彼のもとにやってきたネコ型ロボット・ドラえもんの日常生活を描いた作品である 。そんなアニメ「ドラえもん」が実写版で登場しました。「『疑問・難問・ドラえもん!」という番組で、バラエティー番組として放送されました。のび太役はえなりかずき 。ドラえもんは3D立体CGで再現された。のび太の部屋を忠実に再現したスタジオに、疑問&難問を抱えたゲスト(相武紗季ら)が登場。“えなり”のび太が番組進行役となり、案内人のドラえもんをサポートする。 幼いころから、ドラえもんの大ファンだったというえなりは、のび太役が決まり「やった! 来た! 夢が実現してうれしい」と大興奮したそうです。

「ちびまるこちゃん」の実写版

「サザエさん」と並んで、長寿アニメ番組としてお茶の間の支持を受け続けているテレビアニメ「ちびまる子ちゃん」が、テレビアニメ放送15周年を記念しドラマ化された。主役のちびまる子ちゃんを演じるのは500人を超える子役のオーディションの中から、見事、主役の座を勝ち取った「森迫永依ちゃん」原作のさくらももこ氏自身が、以前たまたま目にしたCMで、「まる子役にいいなあ」と思っていた女の子だったという。まる子の親友、たまちゃんを演じるのは美山加恋ちゃん。まる子が通う学校の担任、戸川先生役を演じるのは、フジテレビアナウンサーの笠井信輔。まる子の強い味方おじいちゃん役にモト冬樹。お父さん役に高橋克実。お母さん役が市毛良枝。おばあちゃん役が清水ミチコとバラエティに富んだ豪華な顔ぶれが勢ぞろい。 日頃アニメで慣れ親しんでいる子供たちも、そして大人が見ても楽しめる、心がほんのり温かくなるドラマです。

「ゲゲゲの鬼太郎」の実写版

日本に一大妖怪ブームを巻き起こした水木しげるの国民的人気妖怪マンガ「ゲゲゲの鬼太郎」が実写版で映画化されました。主演の鬼太郎はウエンツ瑛士で、主題歌も歌う。三浦実花役:井上真央 猫娘役:田中麗奈 ねずみ男役:大泉洋 子泣き爺役:間寛平 砂かけ婆役:室井滋 豪華キャストも話題になりました。ストーリーは、ゲゲゲの森で目玉おやじや仲間たちとのんびり暮らす鬼太郎のもとに、ある日届けられた一通の手紙。それは恐るべき魔力を秘めた<妖怪石>をめぐり、妖怪界と人間界を揺るがすことになる大事件のはじまりだった
偶然手に入れた妖怪石を狙い、不気味な妖怪たちに襲われているという彼らを助けた鬼太郎。それがきっかけで、彼は妖怪裁判にかけられる。 善と悪、様々な妖怪たちを巻き込み、史上最大の戦いが始まる

Copyright © 2008 ドラえもんやアニメの実写版